セラピストのご紹介


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田部井 じゅん子

 

福島県白河市在住。「 peace of   I    頭蓋仙骨療法施術院 」セラピスト  兼  「自然食品店 wakekko」店主。3人育児中。

 

アプレジャー・インスティテュート公認セラピスト

 

アプレジャー・インスティテュート

CST(クレニオ・セイクラル・セラピー / 頭蓋仙骨療法)1、2

SER(ソマト・エモーショナル・リリース / 体性感情解放)1 修了

 

アプレジャー・インスティテュート本部(米国)

セラピスト登録済

https://www.upledger.com/

 

 臼井式レイキ

上級修了

 

JAPAN  COLLEGE  OF  OSTEOPATHY(ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシー)

解剖生理学 120時間修了

 

 

 

 

ブログ「 peace of  I   ~ わたしの平和 ~ *福島 白河* 」

サロンの情報や日常をつづったブログです。

https://ameblo.jp/junjun8wakekko/

2017年から頭蓋仙骨療法(クレニオ・セイクラル・セラピー)を学んでいます。

 

頭蓋仙骨療法が大好きです。

 

頭蓋仙骨療法を学び始めたきっかけは、自分自身がクライアントとしてセッションを受けたこと。

 

初めてセッションをを受けた際、うつ病経験後の身体が内側からゆったりとゆるみ整っていく感覚がとても気持ちよく、とても感動したことを覚えています。身体がゆるむと、心もゆるゆるとほぐれて行くのを感じました(*^-^*)

 

身体のとても弱い幼少期を過ごした私は、『心と身体は繋がっていて、切り離すことは出来ない』という感覚が、経験として身に染みています。そして、頭蓋仙骨療法は、心と精神も含めた《 からだ全体 》に作用する実感があります。

 

最初は家族へのお手当てに取り入れたいと学び始めたのですが、クレニオ・セイクラル・セラピーの魅力にどっぷりはまり、今なお学びを深め続けています。

 

そして、2019年6月に、今はとにかく経験を積みたいという思いから始めた、モニターさん100名様への頭蓋仙骨療法セッション。そのなかで、モニターさんのおからだの反応や感想に触れ、頭蓋仙骨療法の素晴しさを改めて実感しました。

 

2020年1月末にモニターさん100名様へのセッションという目標を達成し、自分のなかで、頭蓋仙骨療法を外に出していきたいという思いが強くなり、2020年7月にサロンをオープンしました。

 

サロン名《 peace of  I 》の由来は、ハワイのホ・オポノポノの祈りのことば『「わたし」の平和』(THE PEACE OF "I")です。

 

ホ・オポノポノの祈りのことばの一節にこんなことばがあります。

 

 

 

『平和 それはありのままの「わたし」』

 

 

 

ご自身のなかの自己治癒力を信頼し寄り添う頭蓋仙骨療法。

 

人は、硬膜(こうまく)内で、脳脊髄液が生産され再吸収される際、どの人もその人独自のリズムを刻んでいます。

 

私は、頭蓋仙骨療法のセッションを通して、お一人お一人が刻む、その方それぞれのリズムに触れることで、その美しさや自己治癒力のすばらしさ、そして目の前にいらっしゃる方がただ存在する力強さや美しさに感動します。

 

平和とは健やかさでもあり、人は自分の内の健やかさにつながると、自分の足で立ちその人らしく歩いていくことができると、自分の体験を通して感じています。

 

頭蓋仙骨療法のセッションを通して、本来のご自身のリズムを取り戻し、ありのままのご自身へ還るお手伝いをします。

 

頭蓋仙骨療法を、必要とされる方へお届けできると幸いです。